安達司法書士.comブログ:インターネットで年金記録を閲覧 - livedoor Blog(ブログ)

2006年08月04日

インターネットで年金記録を閲覧


政治家の年金未納問題がマスコミで騒がれてから久しいですが、今度は、きちんと支払ったはずの年金保険料の支払い記録が、データ移行のミスで消えてしまっているというケースを、一部マスコミで採り上げていました。あなたも一度、ご自身の年金加入記録を閲覧してみてはいかがでしょうか。転職や退職に伴う手続きミスなどを確認することができます。

社会保険事務所に出向かなくても、インターネットでご自身の年金加入記録をいつでも閲覧できる「年金個人情報提供サービス」が2006年3月31日から始まっています。ただし、このサービスを利用するには、本人確認のための登録をして「ユーザID・パスワード」の取得をすることが必要です。以下、登録申込みから年金加入記録の閲覧まで、このサービスの流れをご紹介します。

  1. 「年金個人情報提供サービス(トップページ)」にアクセス
  2. 【ご利用登録】ボタンをクリック
    「基礎年金番号」の入力を求められるので、年金手帳を予め用意しておきます。
  3. 「ID・パスワード発行申込み(入力)」ページで必要事項を入力し、【申込み内容を確認】ボタンをクリック
    ここで入力した「お客様設定パスワード」は、ログイン時に入力を求められるので、必ず記録しておきます。
  4. 「ID・パスワード発行申込み(確認)」ページで入力内容を確認し、【申込み】ボタンをクリック
  5. 「申込受付番号」↓が表示されたら申込み完了
  6. 「ユーザID・パスワードのお知らせ」が届いたら1のページへ再アクセス
    私の場合、申込みから15日で、「年金個人情報提供サービスご利用に伴うユーザID・パスワードのお知らせ」の封書が届きました。
  7. 【年金加入記録照会】ボタンをクリック
  8. 「ユーザID・パスワード・お客様設定パスワード」を入力して【ログイン】ボタンをクリック
年金加入記録の閲覧の結果、あなたの年金加入記録が年金受給資格期間(25年(300か月)以上)を満たしていれば、年金見込額の試算結果を郵送で知らせてくれるサービスを受けられます。ただし、申込み時点で満50歳以上の方を対象としています。詳しくはこちらから


2007年06月07日追記


この記事を書いてから1年近く経ちますが、現在、本文で紹介した「消えた年金」だけでなく、5000万件もの誰のものか分からない「宙に浮いた年金」記録まで登場し、与党は、年金時効撤廃法案なるものを慌てて提出し、衆議院を通過させました。来月の参院選への影響を最小限に止めたいという、安倍首相の意図が伺えますが…

本文で紹介しました「年金個人情報提供サービス」を利用するため、ユーザーIDとパスワードを取得する申し込みが殺到しているようです。『通常は申し込みから2週間程度で自宅にIDとパスワードを郵送するが、それが遅れることも避けられないという。』(2007年6月1日asahi.comより)


記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...
人気ブログランキング
書式の無償ダウンロード・便利ツールのご利用はホームページ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔