安達司法書士.comブログ:インターネットで登記簿謄本 - livedoor Blog(ブログ)

2007年04月14日

インターネットで登記簿謄本


新年度がスタートした2日、法務省の「オンライン申請システム」へのアクセスが集中し、つながりにくい状態が続いたため、翌3日には約4時間半にわたってアクセスを制限した旨のニュースが流れました。アクセスが集中したのは、オンライン申請システムの利用率低迷に悩む法務省が、4月から登記事項証明書(従来の登記簿謄本)の手数料1,000円を、インターネットでの請求(以下「証明書オンライン請求」といいます。)に限り700円に値下げしたことが原因と考えられます。時間帯にもよりますが、このつながりにくい状態は今でも続いています

請求された証明書は、申請人の住所に郵送され、郵送請求と異なり、その郵送料(普通郵送料金に限ります。)は手数料に含まれています。

そもそも証明書オンライン請求は、平成17年3月22日から始まった制度ですが、初めてオンライン申請システムを利用するには、事前準備作業すなわちお使いのPCの設定やソフトウェアのインストールが必要ですので、「なんだが面倒で難しそう…」と敬遠しがちな方も多いのではないでしょうか。しかし、事前準備作業も「事前準備操作ガイド」(以下「事前ガイド」といいます。)をダウンロードの上、順番どおりに実施していけば、それほど困難な作業ではありません。さらに、登記事項証明書の請求の利用だけでしたら、登記申請書作成支援ソフトウェア(無償)をインストールするだけで済み、電子署名用の電子証明書も必要ありません。証明書オンライン請求を利用すれば、登記事項証明書の手数料を節約できるのですから、一度試してみてはいかがでしょう。



2007年12月28日追記


本年4月からオンラインによる登記事項証明書の請求手数料が値下げされたことで、歓迎する声がある一方、オンライン申請が複雑で分かりづらいなどの不満が上がっているのも事実です。

そこで、不満の集中する事前準備と電子納付の手順についての内容を改訂し、「オンラインによる登記事項証明書請求」として新たにお送りすることにしました。ぜひご覧ください。


記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...
人気ブログランキング
書式の無償ダウンロード・便利ツールのご利用はホームページ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔