安達司法書士.comブログ:不動産申請情報の送信 - livedoor Blog(ブログ)

2008年02月26日

不動産申請情報の送信


不動産登記の特例方式による申請(「半ライン申請」の方が一般的かも…)が始まって1ヵ月が過ぎました。さて、注目の申請件数はというと、法務省のWebサイト「オンライン登記申請件数」の数値によれば、現在の申請件数は、特例方式開始前に比べると約10倍になっています。しかし、例えば直近の1週間(2/12〜2/15)の数値11,845件を全国の法務局の数で割ると、実に微妙な数値になってしまいます。今後、法務省では、不動産登記申請のオンライン利用率を10%と定め、本年末までに実現を図るようです。

前置きが長くなりましたが、特例方式による申請書の作成方法については既に紹介しましたので、ここでは、申請情報の送信方法について、連件申請を中心に簡単に紹介します。

  1. 登記申請書作成支援ソフトウェアで作成した申請書ファイルの読み込み、納付情報の確認(収入印紙による納付であっても、[納付情報]を確認する必要があります。)、デジタル署名の一連の処理を行い、申請データ作成メニュ−画面で[作成終了]を選択します。申請メニュー終了画面が表示されたら、連件申請の場合はそこで[いいえ]を選択し、申請が1件の場合は[はい]を選択して手順3に進みます。
    申請書の様式には、連件申請用のオプションはありません。
  2. 不動産・商業登記申請メニュ−画面に戻りますので、1件目と同じ処理を申請件数分繰り返し、最後は、申請メニュー終了画面で[はい]を選択します。未送信手続一覧画面が表示されますので、[連件・同順位設定]チェックボックスにチェックして、[送信対象]チェックボックス横の「順番」欄に送信順番(=申請順位)を入力(画像参照)します。なお、連件申請に同順位申請が含まれる場合は、「順番」欄に[1(名変)・2(移転)・3(設定)・3(設定)]の要領で入力します。
  3. 未送信手続一覧画面で[送信実行」を選択し、申請データの形式チェック終了時に表示される申請意思確認画面で、[申請確定]を選択して送信を実行します。
  4. 申請の処理状況は、申請の受付・添付書面の受領(送付した場合に限ります。)・手続きの完了等のお知らせが発行されるので、処理状況一覧画面[コメント]欄の[表示]をクリックして確認します。

    【申 請 受 付】 【添付書面受領(送付)】 【手続きの完了】
  5. オンライン申請をした場合、登記完了証は書面で交付されません。登記完了証を取得するには、手続終了時に処理状況一覧画面[公文書]欄に表示される[取得]をクリックして、登記完了証が格納されたフォルダをダウンロードします。そして、当該フォルダ内のPDFファイル(画像参照)を印刷すれば、公印のない登記完了証(まるで「バッタもん」)になります。ちなみに、もう一つのファイルは電子署名ファイルですが、そのままでは閲覧することができません。オンライン申請システムの電子公文書検証で検証することができます。
    【登記完了証】


記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...
人気ブログランキング
書式の無償ダウンロード・便利ツールのご利用はホームページ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔