安達司法書士.comブログ:100系「こだま」撮影記 - livedoor Blog(ブログ)

2010年06月13日

100系「こだま」撮影記


このところ当ブログは、従来からの専門分野ネタと撮り鉄ネタを交互にお送りしています。ただ、この順序は意識してやっているわけではありません。撮り鉄ネタは実は、長年愛用していたフィルム一眼をデジタル一眼に今年買い換えたことによる、いわば副産物みたいなものなのですまぁそのようなわけで、今回は撮り鉄ネタをお送りしますが最後までお付き合い願います。

朝日新聞5月30日付夕刊に次の記事(一部抜粋)が掲載されました。『100系新幹線が2012年春、引退する。東海道・山陽新幹線では初代0系に次ぐ車両で、初めて個室や2階建てを備え、快適さを売りに一時代を築いた。いまは山陽新幹線の「こだま」として走っているが、11年春に山陽・九州新幹線に導入される最新型車両「さくら」に押し出される格好で姿を消す。JR東海は87年以降、女優の深津絵里さんや牧瀬里穂さんらを起用し、「シンデレラエクスプレス」「クリスマスエクスプレス」として遠距離恋愛の恋人たちを描いたCMを放送。これに登場した100系の人気は急上昇した。』(時代はバブル経済の真っ只中でしたなぁ

100系は初代0系との先頭形状の違いから、0系の「だんご鼻」に対して「とんがり鼻」の愛称で呼ばれています。100系といえば、2階建車両を4両連結させたJR西日本の豪華編成「グランドひかり」(画像をクリックすると列車の編成(「JTB時刻表」98年4月号より)がご覧になれます)が象徴的存在ですが、その2階建て車両にあったグリーン車を当方は一度だけ利用しました。加減速時のショックはあるものの、高い位置の車窓から景色を楽しみながらの移動は快適だった印象があります。2003年9月に東海道新幹線から姿を消した100系ですが、現在では、2階建て車両も外され普通車だけの4両・6両の短い編成となり、先に紹介した記事にもあるように、山陽新幹線内において「こだま」として運行されています。

山陽新幹線は大半がトンネル(路線全体の半分)と高架区間ですから撮影場所は自ずと限られてきます。当初は、JR西日本のCMに使われたことでも有名な吉井川橋梁(相生〜岡山)での撮影を予定していたのですが、近畿地方も梅雨入りしたらしく、今日は朝から本降りの雨で撮影場所を新神戸駅に切り替えました。この駅は六甲トンネルと神戸トンネルの間にホームがあり、「のぞみ」を含めたすべての営業列車が停車します。画は100系「こだま」と700系「ひかりレールスター」が並んだ光景を捉えたものですが(クリックすると拡大します)、こだま726号の到着を待っていたかのように、ひかりレールスター553号が滑るようにホームを離れていきました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
ランキングに参加中…クリックのご協力をお願いします.


2010年10月24日追記


100系こだまの大阪近郊お手軽撮影ポイントを2箇所ほど紹介します。

最初は、神崎川に架かる橋を通過する列車を捉えることができるポイント。神崎川を渡って終点新大阪を目指す上り列車を東側を通る道路橋から狙います。この橋は新幹線側に歩道がありませんので車に十分注意してください。画は(クリックすると拡大します)、10:14新神戸発「こだま726号」をシャッタースピード1/60で流し気味に撮影したものですが(撮影日10/11)、もちろん6両全景を入れて撮影することも可能です。

次のポイントは、西宮市上甲東園の閑静な住宅街にある「山陽新幹線記念公園」。阪急今津線の甲東園駅から新幹線高架橋に沿って10分ほど歩くと六甲トンネルの入口が見えてきます。その真上にあるのが目的地。フェンスごしに見下ろしての撮影だけに架線がうるさいのが難点。画は(クリックすると拡大します)、10:39新大阪発「こだま743号」を300mm相当で撮影したものですが、撮影日である10月17日(日)は青白オリジナル塗装に変更された編成での運用でした。

同じ場所から10月23日(土)に同じ「こだま743号」を再度撮影(クリックすると拡大します)。この日の運用はグレー&フレッシュグリーンカラーの編成。なお、時刻表はこちらのページをご覧ください。

ところで、画を撮影直後、思わぬ事態に遭遇。突然、JR西日本の作業員に撮影を中止するよう言われた。その人によれば、悪質な鉄道ファンがフェンスの金網の一部を破ったので修復に来たとのこと。撮影場所は「公園」と呼ばれているものの、実体はJR西日本の所有地なのだ。鉄道ファンのマナー違反が問題になって久しい。『でも良い画を撮りたい』という身勝手な理由でかような愚行(犯罪行為です)を繰り返せば、今回のような規制措置が常態化し、結局自分の首を絞めることになる


記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...
人気ブログランキング
書式の無償ダウンロード・便利ツールのご利用はホームページ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔