安達司法書士.comブログ:冬の伊吹山と新幹線撮影記 - livedoor Blog(ブログ)

2012年01月26日

冬の伊吹山と新幹線撮影記


名峰伊吹山は、滋賀県と岐阜県の県境にある滋賀県最高峰の山。伊吹山の雪を抱いた山容は、琵琶湖の湖東・湖北からはもちろん、対岸の湖西だけでなく、伊吹山麓を走る東海道新幹線や東海道本線の車窓からも望むことができます。そして、美しく雪化粧した伊吹山を背景に駆け抜ける列車たちは、鉄道ファンの格好の被写体となります。

今週は、この冬一番の寒波が襲来し、山陰から北陸にかけての日本海側を中心に大雪になっています。ドクターイエローの運行予定日の25日朝、湖北の雪景色を期待してお天気カメラで調べてみたところ、雪が全く積もっていない。それでも、時間を作って撮影に出かけました。

名神高速道路の米原JC手前から、やや雲に隠れているものの、真っ白な伊吹山が見えてきました。新幹線の撮影地へ行く前に、東海道本線・近江長岡〜柏原駅間にある有名撮影地「清滝踏切」に寄ってみました。撮影地の詳細は、 こちらをご覧いただくとして、今回は周囲にまったく雪がなくがっかり。画は(クリックすると拡大します)、 JR西の683系2000番台「しらさぎ6号」、撮影時刻は12:00、78mm相当で撮影。もう少しで、下りコンテナ貨物と完全に被るところでした。さぁ、新幹線の撮影地に向かいます。

国道21号を「一色」交差点まで戻ります。 昼食を角のコンビニで買って、県道19号に入り約3km北上。山東小学校を左に見て右折。1kmほどで、左手に工場、正面に新幹線の高架橋、右手に営農倉庫があります。倉庫の前に車を置かせてもらい、奥に行くとフェンスに囲まれた池が・・・ここが水鏡ポイントです。運が良ければ、水面に映る「逆さ富士」ならぬ「逆さ伊吹」と新幹線を絡めることができます。
画は(クリックすると拡大します)、700系「ひかり511号」、撮影時刻は13:45、63mm相当で撮影。
これまで300系で運用されていた「ひかり511号」、春のダイヤ改正を待たずに700系に置き換えられています。
画は(クリックすると拡大します)、923形3000番台T5編成「のぞみ検測」、撮影時刻は13:48、63mm相当で撮影。
フレームに入るギリギリでドクターイエロー7両編成を捉えた分、迫力は出ましたが少し窮屈に、、、 − 末尾に“2016年02月12日追記”あり−

冷たい「伊吹おろし」が吹いて水面に小波が立ち、「逆さ伊吹」を撮ることはできませんでした。是非、機会を見て再挑戦したいと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
ランキングに参加中…クリックのご協力をお願いします.


2016年02月12日追記


昨日、本文中の“水鏡ポイント”に行ってきました。伊吹山とドクターイエロー、まずまずの水鏡を捉えることができました。よろしければ、 こちら をクリックしてご覧ください。


記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...
人気ブログランキング
書式の無償ダウンロード・便利ツールのご利用はホームページ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by O.Michael   2016年02月11日 16:57
5 今気づきました!先程お会いした方に導かれて撮影ポイントへ行っていたとは!おかげ様でスムーズに撮影ポイントに辿りつけました。ありがとうございます。イエローは、PHOTOHITOにアップします。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

O.Michael さん
コメント有難うございます。
お役にたてて何よりです。こちらこそよろしくお願い致します。
   ---安達司法書士---

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔