五月の「こうのとり」撮影記 : 安達司法書士.comブログ

2012年05月13日

五月の「こうのとり」撮影記

福知山線で特急「こうのとり」として活躍を続けている国鉄型特急車両183系。五月の沿線風景の中を走り抜けるその勇姿を撮りに撮影地を幾つか回りました。福知山線はこれまでにも何度か訪れていますが、この時期に訪れるのは初めて。


八重桜と183系兵庫県三田市の武庫川沿いでは、ソメイヨシノが葉桜になる頃、遅咲きの八重桜が満開になります。撮影地の詳細は、「桜の福知山線・北条鉄道撮影記」をご覧いただくとして、どうもこのポイントは相性が良くないようです。前回同様、今回も天気に恵まれず、薄い雲が広がり空は白く霞んでしまいました。画は(クリックすると拡大します)、「こうのとり15号」、撮影日時は5/01 15:43、焦点距離は110mm相当。背景に白い空を入れないように上をカットしています。


ツツジ畑と183系福知山線中山寺駅の南側、閑静な住宅地の中にそれほど広くないツツジ畑。すでに花の盛りは過ぎていましたが、それなりに綺麗に咲いています。画は(クリックすると拡大します)、「こうのとり15号」、撮影日時は5/10 15:30、焦点距離は44mm相当。畑に少しお邪魔して、シャッタースピード1/60秒で流し気味に撮影。ちょっと奇をてらい過ぎか…。畑作業中の地主さんによれば、土地を売却するのでツツジは今年限りだそうです。この風景がもう見られないかと思うとちょっと寂しい。


水田と183系_1丹波地域ではゴールデンウィークには田植えが終わり、9月初旬から新米の出荷が始まるそうです。一本桜で有名な下滝〜谷川駅間の築堤周辺も、水が張られ田植えが終わった水田ではカエルの大合唱。そこに居合わせたオジサン同士で談笑しながら通過を待ちます。画は(クリックすると拡大します)、6両編成で運行される「こうのとり7号」、撮影日時は5/13 12:15、53mm相当で撮影。水田に赤とクリーム色の車体を映しながら、弧を描いて駆け抜けて行きました。


白浜駅行き「くろしお」の新型車両287系への置き換えが本年6月1日をもって完了します。これに伴い、余剰となる381系の一部が福知山電車区に転出し、183系の置き換えが行われるとの話も聞こえてきます。今後の動向が気になるところです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

ランキングに参加中…クリックをお願いします.



記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...


この記事にコメントする

名前:
URL:
 
情報を記憶: 
評価: