安達司法書士.comブログ:秋の三岐鉄道・樽見鉄道撮影記 - livedoor Blog(ブログ)

2012年10月08日

秋の三岐鉄道・樽見鉄道撮影記


10月に入り、長く続いた残暑もようやく終わりを告げたようです。朝晩めっきり涼しくなり、日が暮れるのも早くなって、いよいよ本格的な秋の始まりです。

3連休中日の7日、台風17号のため予定より一週間延びましたが、三重・岐阜のローカル鉄道を巡りました。名神高速道路・新名神高速道路を経由して、東名阪自動車道を四日市ICで降り、まずは三重県最北端の「いなべ市」を走る三岐鉄道(さんぎてつどう)へ。同鉄道は、旅客輸送とセメントを中心とした貨物輸送を行っている三岐線と、線路幅が新幹線のほぼ半分の762mmというナローゲージを採用している北勢線の2路線を有しています。

三岐線の伊勢治田(いせはった)〜丹生川(にゅうがわ)駅間の青川橋梁から撮影開始。鉄橋の両側には、沿線の秋の風物詩であるソバ畑が一面に広がっています。先週の台風で花が心配でしたが、まだ結構小さな白い花が残っています。ただ、10月にもなるとさすがに白い絨毯ではなくなっていますが…( ´_ゝ`) 。画は(クリックすると拡大します)、ソバ畑を前景に走り抜ける801系(元西武701系)による下り電車、撮影時刻は10:13、青川橋梁の南東側から106mm相当で撮影。奥に見えているのは、石灰岩を採掘するために大きく削られた藤原岳です。

三岐線と北勢線は員弁川(いなべがわ)を挟んでほぼ並行して走っており、掛け持ち撮影は十分に可能です。北勢線の麻生田(おうだ)〜楚原駅(そはら)駅間にあった旧上笠田駅付近に移動します。そこは北勢線の定番撮影地の一つで、狭い線路の両脇に彼岸花が咲き誇っています。画は(クリックすると拡大します)、近鉄時代から使われている270系による上り電車、撮影時刻は10:48、不自然な姿勢から90mm相当で撮影。青い空、真っ赤な彼岸花、そして黄色い小さな電車、コントラストがとても美しい

国道421号を経て、「ミルクロード」と呼ばれている三重県道140号に入り、再び三岐線に戻ります。三岐線の魅力は何と言っても、JRを除く私鉄では唯一運行されているセメント貨物列車。丹生川〜三里(みさと)駅間の県道の陸橋下あたりの有名撮影地で狙うことにします。稲刈りが終わった田んぼの畦や線路端に咲く彼岸花。周りは色褪せた花も目立ち始めました。画は(クリックすると拡大します)、ED45形ELが重連で牽引するタキ1600形16両編成の3714列車、撮影時刻は11:28、57mm相当で撮影。長大編成の貨物列車がゆっくりと通過して行きました。

昼食は「いなべ市」にある農業レストラン「フラール」で。800円のランチバイキングは値段相応のサービスと料理の品数― 。食事を終えて、岐阜県の樽見鉄道を目指します。

桜の季節になると多くのカメラマンで賑わう樽見鉄道(過去ログ「桜の樽見鉄道撮影記」をどうぞ)。しかし、樽見鉄道は桜だけではありません。彼岸花の時期に是非訪れたいのは、十九条〜横屋駅間の犀川の堤防。真っ赤に染まった土手と列車を絡めることができます。画は(クリックすると拡大します)、犀川橋梁を渡る単行のハイモ295-516、撮影時刻は14:23、土手の下から51mm相当でローアングル撮影。猛暑の影響で彼岸花の開花が遅れたとは言え、10月も中旬に入ろうとする今でも鮮やかに咲いています。

彼岸花が終わると、コスモス、そして紅葉へと、日々秋が深まっていきます
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
ランキングに参加中…クリックのご協力をお願いします.


記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...
人気ブログランキング
書式の無償ダウンロード・便利ツールのご利用はホームページ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔