安達司法書士.comブログ:満開の桜と鉄道撮影記 - livedoor Blog(ブログ)

2013年04月06日

満開の桜と鉄道撮影記


一部で散り始めた京阪神の桜。4月最初の週末は天気が荒れ模様ということで、桜が綺麗なうちにカメラに収めるべく、2日間にわたって近場の名所を回りました。

大川(旧淀川)上流の毛馬洗堰(けまあらいぜき)から天満橋までの毛馬桜之宮公園は、大阪市の桜の名所として知られています。大川沿いに桜並木が連なる様は圧巻です。撮影場所は、北向きに大阪環状線の鉄橋を臨む源八橋(げんぱちばし)。見事な咲きっぷりに橋を行き交うビジネスマンも足を止めて、暫し見入っています。画は(クリックすると拡大します)、大阪環状線で活躍中のオレンジパーミリオンの103系8連、撮影日時は4/04 15:12、80mm相当で撮影。大川を渡った電車は、すぐに桜ノ宮駅に到着します。

阪神間屈指の桜の名所として知られる夙川(しゅくがわ)。河川敷は公園として整備され、川の両岸に南北2.8km、約1700本もの桜が咲き競います。平成2年には「さくら名所100選」にも選ばれました。
阪急沿線には桜の撮影スポットが数多くあります。中でも夙川に沿って走る甲陽線の苦楽園口〜甲陽園駅間の鉄橋は別格。単線区間のガーダー橋は満開の桜に埋もれる感じ。画は(クリックすると拡大します)、夙川を渡る6000系3連ワンマン対応車、撮影日時は4/05 10:59、石段を下りて川から75mm相当で撮影。阪急マルーンが青い空とピンク色に映えます。
花見客の流れに逆らいながら、国道2号の「夙川橋」に向かいます。歩道部からは東海道本線を行く列車を狙うことができ、特に桜の季節には多くのカメラマンが訪れます。画は(クリックすると拡大します)、EF66 0番台(通称「ゼロロク」)の33号機が牽引する高速コンテナ貨物(81レ)、撮影時刻は11:51、198mm相当で撮影。偶然出会った「ゼロロク」でした

最後は、道場(どうじょう)〜三田(さんだ)駅間の武庫川(むこがわ)堤防の桜並木。六甲山地の北側に位置する三田市は、阪神間の他の地域よりも開花が1週間ほど遅れていましたが、今週中頃には一気に満開になりました。撮影地の詳細は、過去ログ「桜の福知山線・北条鉄道撮影記」をご覧いただくとして、平日の16時前だというのに10人以上の撮影者がいます。画は(クリックすると拡大します)、381系基本4連「こうのとり15号」、撮影日時は4/05 15:43、127mm相当で撮影。車両は183系から381系に変わりましたが、もう暫く国鉄特急色が見られそうです。

天気予報通り、今日6日は西日本と東日本で大荒れ。強い風と雨で満開の桜には厳しい天気となりました。まさに「花に嵐」…( ´_ゝ`) .
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
ランキングに参加中…クリックのご協力をお願いします.


記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...
人気ブログランキング
書式の無償ダウンロード・便利ツールのご利用はホームページ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔