安達司法書士.comブログ:'15梅花の「くろしお」撮影記 - livedoor Blog(ブログ)

2015年03月02日

'15梅花の「くろしお」撮影記


「一月は行く、二月は逃げる」の言葉どおり、早くも弥生三月に突入です。各地から梅の便りが届くようになりました。

関西で梅の花と言えば、和歌山県。2月最終日、白梅と紀勢本線(愛称「きのくに線」)の列車を絡めることができる、みなべの千里梅林に出かけてきました。

阪和自動車道を海南ICで降りて、少し寄り道。国道42号の「冷水(しみず)」分岐で右折し、集落外れの高台を目指します。駅からの道順はこちらをご覧ください。昨秋、「トワイライト」編成のツアー列車が運行された際、カメラマンが結構いた道すじも今は静かなものです。画は(クリックすると拡大します)、先頭に「イルカ顔」のパノラマ型グリーン車を繋ぐ283系「くろしお〈オーシャンアロー〉1号」、撮影時刻は9:04、28mmで撮影。基本編成の6両は何とか収まりますが、多客期における基本編成+付属編成の9両は無理ですね。さぁ、先を急ぎましょう。

みなべICを出て、国道424号、同42号と進み、「千里の浜」の小さな標識(向かいはホテルの大看板)で左折。梅の香が漂う丘陵地を進みます。ICからの詳しい道順はこちらをご覧いただくとして、週半ばの雨と前日の風でかなり散ってしまったのでは…と心配していたが、花はまだしっかり残っていました。
当日は晴れて暖かく、セーター1枚で十分でした。海から吹く風を感じながら列車を待ちます。画は(クリックすると拡大します)、白梅の間を抜けるように走り去った381系基本6両編成「くろしお14号」、撮影時刻は10:48、260mmで手前の花をボカシて後追い撮影(いわゆる「ケツ撃ち」)。車体を内側に傾けてカーブを通過する、振り子式電車らしい姿を俯瞰で捉えた。
「くろしお」に使用されている車両のうち、283系は予備編成がないためフル稼働。基本編成が車両検査等で運行できない場合は、付属編成を2本繋いだ変則6両編成が代走します。画は(クリックすると拡大します)、梅林を駆け抜けるいつもと違う顔の283系「くろしお〈オーシャンアロー〉9号」、撮影時刻は13:17(18分遅れ)、焦点距離は112mm、定番構図で撮影。
オーシャンブルーの381系「くろしお」は、今秋を目途に完全引退することが決定しています。千里梅林と381系パノラマ編成とのコラボは、これで見納め!

紀勢本線とセットで訪れることが多い和歌山電鐵・貴志川線。海南ICから20分ほどの距離ですから、今回も帰りがてら寄ってみることに。伊太祈曽(いだきそ)駅前から県道13号を山東(さんどう)方向に行くと、2年前と変わらず線路沿いにこじんまりとした梅畑があります。画は(クリックすると拡大します)、白梅の横をガタゴト走り抜ける赤いイチゴをデザインした2270系「いちご電車」、撮影時刻は16:35、105mmで撮影(トリミングあり)。大きく西に傾いた太陽に照らされて光る車体、満開の梅の花も輝いて見えました。日が長くなってきたな〜

三月は本降りの雨で始まりました。雨の中、C57-1号機が牽引する「SL北びわこ号」、ラストランまで残り僅かの「トワイライトエクスプレス」を撮りに湖北・湖西に出向かれた皆さん、お疲れ様でした。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
ランキングに参加中…クリックのご協力をお願いします.


記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...
人気ブログランキング
書式の無償ダウンロード・便利ツールのご利用はホームページ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のまち10   2015年03月05日 23:55
4 管理人様

今晩は。梅林の中を駆け抜ける振り子電車、春本番を待ちわびているみたいです。
この振り子電車も秋には引退するんですね。近づいてみると、かなり車体が傷んでいましたので、新宮電化から37年間、頑張って走ってきましたね。

のまち10さん、いつもありがとうございます。
381系「くろしお」の引退もやむを得ないですね。
仰るとおり、老体に鞭打って日々走り続けたのですから。
   ---安達司法書士---

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔