'16冬の伊吹山と鉄道撮影記 2 : 安達司法書士.comブログ

2016年02月12日

'16冬の伊吹山と鉄道撮影記 2

あっという間に1月が終わり2月も中旬になりました。「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」とはよく言ったものです。


先月末の厳しい寒さは幾分和らいだものの、この時期らしい寒さが続いています。そんな11日の「建国記念の日」、前回に引き続き、滋賀県湖北エリアに出かけました。


伊吹山と5087レ最初に向かったのは東海道本線・近江長岡駅近く、伊吹山を正面に見る人気撮影地。駅からの道順はこちらをご覧いただくとして、10日未明に少し雪が降ったようですが、山頂の雪は先月末に訪れた時とさほど変わりません。画は(クリックすると拡大します)、 新鶴見機関区所属のEF65-2067号機が引っ張るコンテナ貨物列車(5087レ)、撮影時刻は11:59、全く雪が無い畦道から82mmで撮影。良い天気に誘われて、“お立ち台”は多くのお仲間で賑わっていました。


伊吹山とDYお定まりの長浜市内で昼食休憩を取って、東海道新幹線の水鏡ポイントへと車を走らせました。 13時45分に着くと先客が二人、うち一人の方から思いがけない情報が・・・10分ほどで“ドクターイエロー”が通過するとのこと。慌ててカメラをセットしたのは言うまでもありません。雪の伊吹山と“ドクターイエロー”を捉えることができて、正に幸運でした。Thanks to O.Michaelさん。画は(クリックすると拡大します)、黄色の車体を水面に映した923形3000番台T5編成 、撮影時刻は13:58、48mmで撮影。−〔地図〕−

伊吹山とN700Aこの後、伊吹山と16両フル編成をスッキリ収められる撮影地に移動。画は(クリックすると拡大します)、真っ青な空と伊吹山麓を疾走するN700A「のぞみ111号」、撮影時刻は14:47、農道から55mmで撮影。−〔地図〕−


伊吹山と5070レ前日の10日、EF66 0番台(通称“ゼロロク”)が牽引するコンテナ貨物が西に下りました。 そして、この日、幡生から折り返してくる“ゼロロク”が伊吹山を背景に通過するはずが、牽引機が変更になりました。ちょっとがっくりきたものの、このまま帰るのももったいないと思い直して、予定どおり柏原駅近くの撮影地に寄ることに。さすがにお仲間は少ない。画は(クリックすると拡大します)、 代走のEF210(愛称“桃太郎”)-114号機が先頭に立つ5070レ、撮影時刻は15:37、75mmで撮影。


伊吹山とキヤ95 5070レの前にやって来たキヤ95系気動車“ドクター東海”、撮影時刻は15:27、75mmで撮影(トリミングあり)。また思わぬ拾い物をしました。


11日の米原市は、日中の気温は10.8度まで上がり、3月並みの暖かさでした。土日はさらに気温が上がり、春本番の暖かさになるとのこと。でも、季節はこのまま春へ一直線…とはいかないようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

ランキングに参加中…クリックをお願いします.



記事の内容(画)が良かった!と思われたら、バナークリックをお願いします...


この記事にコメントする

名前:
URL:
 
情報を記憶: 
評価: